ラグビーW杯2019・オールブラックスの儀式ハカとは?意味や種類は?

ラグビー

9月20日からアジアで初めて開催されたラグビーワールドカップ2019。ラグビーの強豪国ニュージーランド代表チームは「オールブラックス」というあだ名がついています。オールブラックスは試合前に「ハカ」という伝統の踊りを披露します。

かなり迫力満点で選手だけではなく観客のこころを魅了する「ハカ」の儀式。

一体どんな意味や種類、目的があるのでしょうか?

ハカの目的は?どんな意味があるの?

ラグビーW杯ニュージーランド代表オールブラックスが披露するの「ハカ」の儀式にはどんな目的があるのでしょうか?ニュージーランンド代表チーム、オールブラックスによるハカの儀式は1905年からはじまりました。

ハカはマオリ文化における伝統的な踊りです。リズムに合わせて足や身体を力強くダイナミックに動かし、チームやグループで一体となってパフォーマンスする踊りです。

ハカはマオリ族では、「自らの力を誇示する」「相手を威嚇する」という意味があるようです。

ハカは戦争や戦の前に士気を高めるために行う鬨(とき)の声のようなものです。(鬨=日本人でいう「万歳!」みたいな感じですかね)ハカは英語では「War Cry」と訳されています。

また、士気を上げる以外にも、人を歓迎する際や葬式など、目的や状況に応じて別な意味でも行われることがあります。

ハカの振り付けは男性と女性と別になっています。

オールブラックスにとってのハカは

「チームの士気を高めるため」「相手チームへの敬意を示すため」

の想いをこめたパフォーマンスになっています。

 

オールブラックスのハカを先導できるのは、伝統的にマオリの血を引く選手がオールブラックスのハカを先導しています。

現在はTJペレナラ選手が先導しています。

ハカはただ自分たちのチームのためだけではなく、相手チーム、そしてラグビー文化そのものに対しての敬意に対しての想いがこもったパフォーマンスだからこそ、とっても迫力があり力強く観客の私たちのこころにも響くのだと思います。

ラグビーW杯・オールブラックスの儀式ハカの種類は?

ラグビーW杯オールブラックスが披露するハカには「カマテ」「カパオパンゴ」「テナコエカンガルー」「コニウティレ二」の4つの種類(曲名)があります。

現在実際にオールブラックスが踊っているのは「カマテ」「カパオパンゴ」のみです。

「テナコエカンガルー」は1903年のオーストラリア戦のためにつくられたハカ。

そして、「コニウティレニ」は「カパオパンゴ」のもとになったハカです。

現在この2つのハカは踊られていません。

オールブラックスの儀式ハカ「カマテ」意味は?

カマテは1905年にオールブラックスが初めて披露したハカで、一番踊られてきたハカですごく有名です。選手たちが叫んでいる「カマテ!カマテ!」とは「私は死ぬ!私は死ぬ!」という意味です。

選手たちが死ぬ気でラグビーを戦っている想いが込められている歌ですね。

「カマテ」の歌の訳はこちらです。

リーダー Taringa whakarongo!                             耳を澄ませ!

     Kia rite! Kia rite! Kia mau!                    準備!整列!起立!

チーム  Hī!                                                        はい!

リーダー Ringa ringa pakia!                              腿をたたけ!

     Waewae takahia kia kino nei hoki!     力の限り地面を踏み鳴らせ!

チーム  Kia kino nei hoki!                            力の限り!

リーダー Ka mate, ka mate                              私は死ぬ!私は死ぬ!

チーム  Ka ora’ Ka ora’                                私は生きる!私は生きる!

リーダー Ka mate, ka mate                             私は死ぬ!私は死ぬ!

チーム  Ka ora’ Ka ora’            私は生きる!私は生きる!

全員   Tēnei te tangata pūhuruhuru     ここに毛深い男が立ち

     Nāna ne I tiki mai whakawhiti te rā  太陽を呼びよせ、我が身のその光を

A Upane! Ka Upane!         乗るなら今だ!乗るなら今だ!

A Upane Kaupane”                                   最初の一歩を踏み出せ!

Whiti te rā,!                                                 太陽の光を!

Hī!                                                                立ち上がれ!

 

オールブラックス儀式ハカ「カパオパンゴ」意味は?

現在オールブラックスが披露しているハカの曲名「カパオパンゴ」(Kapa o Mango)は「黒をまとったチーム」という意味です。まさにオールブラックスのための曲ですよね!

意味を訳すとこんな意味になります。

Taringa whakarongo!        いいか、よく聞け!

Kia rite! Kia rite! Kia mau!      戦いに備えよ!踏ん張れ!

Hi!                 はい!

Ki-a whaka-whenua au i a-hau!   我らは祖国と一つ!

Hi! Au-e, Hi!

Ko Aotearoa e ngu-ngu-ru nei!   ニュージーランドはここに響き渡る!

Au, Au, Au-ë Ha!

Ko kapa o pango e ngu-ngu-ru nei! オールブラックスはここに響き渡る!

Au, Au, Au-ë Ha!  

I ahaha!

 

Ka tū te ihi-ihi           恐れと向き合え!

Ka tū te wana-wana.        恐怖と戦え!

Ki runga ki te rangi         天まで届く勢いで戦い上がれ!

E tū iho nei             高みを目指せ!

E tū iho nei. Hi!           高みを目指せ!

Ponga rä!               シルバーファーン!

Kapa o Pango,            オールブラックス!

Au-e, Hi!

Ponga rä!                                                シルバーファーン! 

Kapa o Pango,                                        オールブラックス!

Au-e, Hi!

出典:http://www.worldfolksong.com/folkdance/kapa-o-pango.html

オールブラックスvs南アフリカ戦なぜ「カパオパンゴ」だったの?

今回W杯2019オールブラックス vs 南アフリカ戦ではなぜ「カパオパンゴ」を踊ったのでしょうか?

オールブラックスがハカで「カパオパンゴ」を踊るときは2つの意味があるようです。

①・ニュージーランド国民にとって重要な試合のとき

②・ニュージーランドチームにとって強敵となるチームと対戦するとき

 

過去にオールブラックスが「カパオパンゴ」を踊ったのは、

  • 2008年の対オーストラリア戦
  • 2011年のラグビーワールドカップ、対フランス戦
  • 2015年のラグビーワールドカップ、対フランス戦
  • 2019年のラグビーワールドカップ、対南アフリカ戦

でした。

まとめ

ラグビーW杯でも話題となったニュージーランドチーム代表オールブラックスが試合前に行う儀式ハカについてまとめました。

ハカには「カマテ」「カパオパンゴ」「テナコエカンガルー」「コニウティレ二」の4つの種類(曲名)があります。

今回W杯で南アフリカと対戦した際に披露されたハカは「カパオパンゴ」。ニュージーランド国民にとって特別な意味があるときやオールブラックスにとって強敵のチームと対戦するときに披露されるハカです。

オールブラックスのハカを先導するのは伝統的にマオリの血を受け継いでいる選手。

現在ではTJペレナラ選手が先導しています。

ハカは相手を威嚇するだけではなく、チームとしての指揮を上げるための民族舞踊なんですね!

 

今回のワールドカップ2019では日本でハカを生で見れる貴重なチャンスですね!

ぜひ一度見てみたいですね!

タイトルとURLをコピーしました